野菜菓子ブロッコリーのタルト

【インタビュー】農薬不使用野菜で創る、野菜菓子専門店『ATELIER SHIN.』代表 大廣真哉さん

このシリーズでは、エシカルな活動をしている方々をインタビューし、ご紹介していきます。エシカルに取り組む方々のことを知っていただき、ご自身の活動の励みや、ライフスタイルにエシカルを取り入れるきっかけとして頂けたら嬉しいです。

プチトマト

第3回目は、ATELIER SHIN.の大廣真哉さん。
大廣さんは、国産農薬不使用野菜と無添加のお菓子専門店『ATELIER SHIN.』の代表兼お菓子職人、そして『PEC-EARTH  JAPAN』という団体運営をし、環境活動家としても活動されています。ATELIER SHIN.のお菓子には自然な季節の野菜や無添加でシンプルな材料を使用し、食品廃棄ロスを減らすためにお菓子は注文が入ってから作るなど、一つ一つ丁寧に手作りした商品を提供しています。現在の活動につながった経緯など、大廣さんのお店や活動についてお話をお伺いしました。




現在どのような活動/事業をされていますか?

農薬不使用、又は有機栽培のお野菜を使って野菜のお菓子を販売しています。食品添加物に該当するものは使わないので、色素や、重曹、ベーキングパウダーなども入らない、身体にも環境にも優しいお菓子を製造、販売しています。

活動/事業をはじめるきっかけは何ですか?

お菓子屋さん(パティスリー)に勤めているときに、毎日捨てられる大量のケーキを見て、これが当たり前になってしまう未来は作ってはいけないと思い、ゴミ問題に興味を持ちました。その後、日本の大量に使われる農薬の問題を知り、この二つの問題に対してアクションを起こしていきたいと思い、起業を決意しました。

野菜のお菓子箱詰め
ATELIER SHIN.

活動/事業をする上で、大切にしていることはありますか?

旬を大事にしています。旬に旬のものをいただく、それは食材の栄養を最大限いただくことが出来ますし、環境の負荷も5倍違うと言われているので、野菜菓子専門店ATELIER SHIN.では、旬のお野菜を使ったお菓子の販売をしています。

これまで活動/事業をしていて、大変だったことや苦労したことはありますか?

事業を始める頃、野菜でお菓子を作る人がほとんどいないことと、市場に美味しいお菓子がありませんでした。なので美味しい野菜のお菓子を作るノウハウがなかったので、そのノウハウができるまでに、丸2年を使った時が、一番辛く苦しかったです。

ピーマンのクッキー
ATELIER SHIN.

活動/仕事をしていて、一番やりがいを感じるときはいつですか?

特に焼き菓子などに言えることかもしれませんが、野菜のお菓子を作る上でフレッシュな野菜を入れることはとても珍しく、他ではあまり真似されません。理由は賞味期限が短くなってしまうということです。ですが逆を返せばフレッシュで、一番野菜の個性を出すことのできる状態で、お野菜を使っているので、味が濃く、香り高く仕上がります。そのため、お客様から感謝のお手紙をいただいたり、野菜のお菓子がキッカケで、お子さんがお野菜を食べるようになったと教えていただけることは、この仕事をしていて本当に良かったなと思います。

これからの夢や目標があればお聞かせください。

自社で素材の生産から販売までを行う、第6次産業が目標です。お菓子を買っていただかなくてもこんな選択肢もあるんだよと、若い子たちに楽しく仕事が出来ていることを伝えることも目標です。

生チョコ林檎ビーガン
ATELIER SHIN.

最後に、読者に伝えたいことなど

お菓子の製造販売以外にも、環境問題を楽しく解決していくことを目指したPEC-EARTH  JAPANという団体の運営をしています。

環境問題に何から取り組んでいいかわからないという方のために、エシカルなイベントを体験してもらったり、インスタで環境問題のことを知ってもらう投稿を日々更新したり、自ら講師を勤める環境のことを理解して幸せな未来を作る「未来を幸せに生きるための環境学講座」も開催中です。

よければインスタブログなどを読んで、一緒に10%エシカルを広げていただけたら嬉しいです。

編集後記

フレッシュな野菜を使った彩り豊かなATELIER SHIN.のお菓子は、材料の選択はもちろん、製作過程においても食べる人や環境のことを想って作っていることが分かります。季節のお野菜を、お菓子という形でご家族やご友人たちと楽しんではいかがでしょうか?インスタグラム(https://www.instagram.com/ateliershin/)で、さまざまなお菓子をご覧いただけます。
また、大廣さんはPEC-EARTH  JAPAN(https://ameblo.jp/pec-earth-japan)という団体で「10%エシカル」という合言葉とし、無理して1人で環境問題取り組む必要はなく、人々が分かち合って生活の10%をエシカルアクションに変えることが大切だということを伝えています。エシカルに関するイベントや講座も開いていますので、ぜひチェックしてくださいね。

大廣真哉
エシカルな素材・手法にこだわるお菓子職人。環境活動家。
国産農薬不使用野菜と無添加のお菓子専門店 野菜菓子専門店ATELIERSHIN.代表。大量生産・大量廃棄のお菓子現場に従事していた経験から、現代社会の仕組みに疑問をもち、独立。現在は神奈川県相模原市で工房を持ち、日本のこだわりをもったエシカルな生産者が作った農薬不使用野菜を使用したお菓子を展開。生産現場でもなるべくゴミをださない、自然なものを使用する環境を作り、徹底してフードロスを出さない受注生産形式でのお菓子販売を行っている。ただお菓子作りのために野菜を仕入れるだけでなく、実際に生産者との親交も深く、現場で直接学んだ経験を生かしている。

 ECサイト:https://ateliershin.thebase.in

 Instagram:https://www.instagram.com/ateliershin/

 ブログ:https://ameblo.jp/foodcreator-shin


坂の途中
農薬や化学肥料の力を借りずに丁寧に育てられたお野菜をご家庭にお届け。四季折々、さまざまに移り変わってゆく個性あふれるお野菜が届く生活をお楽しみいただけるよう、そのときいちばん美味しい野菜を詰め合わせています。
坂ノ途中:お野菜・定期宅配

>HAKOBU LIVING

HAKOBU LIVING

ーエシカルなやさしい暮らしー