みかんとみかんの皮

みかんの皮は捨てないで活用しよう!掃除・お風呂での使い方

冬になると「こたつでみかん」を食べたくなるほど、冬はみかんが欠かせません。みかんは実の部分だけ食べて、皮は捨ててしまっている方は多いのではないでしょうか?実はみかんの皮は、掃除やお風呂の入浴剤として活用することができるので、捨ててしまうのは勿体ないんです!

この記事では、皆さんが美味しく食べたみかんの皮を掃除洗剤と入浴剤として活用する方法を見ていきます。

みかんの皮でお掃除する方法

沢山のみかんが並んだ様子

みかんの皮は、水垢汚れや油汚れ落としに役立つ成分、リモネン、ペクチン、クエン酸が含まれています。リモネンは油を浮かせて汚れを落とす効果があり、ペクチンはコーティング作用とツヤ出しします。クエン酸は、アルカリ性の臭いや水垢、石鹸カスの汚れに効果的です。

みかんの皮「そのまま」で掃除する方法

電子レンジ

電子レンジの頑固な汚れ掃除には、みかんの皮(1個分)を電子レンジで500Wで1分ほど加熱し、温かいみかんの皮で電子レンジの油汚れを擦り落とし、固く絞った布巾で庫内を吹き上げ、乾燥させます。

シンクや水道の蛇口の汚れには、みかんの皮の白い部分で磨くだけでピカピカになります。

みかん皮スプレー

白いスプレーボトル

みかんの皮でスプレーを作っておくと、フローリングやシンク、ガスコンロまわり、浴槽など様々な場所のお掃除に使うことができて便利です。使い方は、直接汚れに吹きかけるか、布巾や雑巾にスプレーを吹きつけて濡らしてから汚れを拭き取るようにします。

みかんの皮スプレーの作り方は、みかんの皮3個分に対して水300mlを鍋に入れて、沸騰したら弱火にして15分ほど煮ます。冷めたらザルでこして皮を取り除き、スプレー容器に入れて完成です。

みかんの皮を入浴剤として使う方法

みかんの皮

みかんの皮はお風呂の入浴剤としても楽しめます。爽やかなみかんの香りがして、リラックスできます。みかんの皮に含まれるリモネンには、血行促進や保温する効果がありますが、酸化するとピリピリと皮膚へ刺激を与える作用がありますので、みかんの皮を入浴剤として使うときは、生のままでも使えますが、敏感の方は乾燥してから使うと良いでしょう。

材料

みかんの皮と、皮を包むためのガーゼと紐があればOK。
(みかんの皮1個分であれば、27cm x 27cmくらいのサイズの生地があれば足ります。)

作り方

  1. まずはみかんの皮を水でよく洗います。
  2. フレッシュな生のみかん皮を使うときは、そのままガーゼ布に包んで完成です。みかんを乾燥させて使うときは、みかんの皮をちぎってお皿やザルの上で1週間ほど天日干しします。みかんの皮天日干し
  3. 乾燥したみかんをガーゼに包んで、紐で結んで完成です。みかん入浴剤

まとめ

冬になるとスーパーに必ず並び、食べたくなるみかん。みかんを美味しくいただいた後、皮は「お掃除での汚れ落とし」や「お風呂の入浴剤」として使うと無駄が出ません。

みかんを食べた後すぐに、みかんの皮をゴミ箱に入れるのではなく、シンク周りを軽く掃除してみてください、ピカピカになって驚きます。みかんを入浴剤としてお風呂に入れるのもおすすめで、ほんのりみかんの香りが漂ってリラックスします。

みかんの皮、捨てないで活用してみませんか?

関連記事

英語で『倫理的な、道徳的な』という意味のエシカルは、分かりやすく言うと『多くの人が公平で良心的な行動だと思うこと』です。そんなエシカルは、言葉だけを聞くと難しく感じられるかもしれませんが、自分の暮らしの身の回りにあることから始められ[…]

積まれた本と一輪の花
関連記事

「湯シャン」は、環境に優しい洗髪方法です。湯シャンをすることで、乾燥した頭皮や髪が原因で起こる様々な悩みも改善してくれます。水質汚染の最大の原因は、生活排水と言われているのですが、私たちが調理で使う油や調味料、食べ残しのスープや飲み[…]

髪がサラサラな女性


ジョンマスターオーガニック
ヘアケア、ハンドクリームなど取り扱うオーガニックブランド。公式オンラインストアでは厳選されたオーガニック&ナチュラル成分を贅沢に使用したケア商品を用意。
ジョンマスターオーガニック セレクト公式オンラインストア
>HAKOBU LIVING

HAKOBU LIVING

ーエシカルなやさしい暮らしー