中川政七商店のかや織りふきん2枚

【ふきん編】エシカルなキッチン用品 / 環境にやさしいものを選ぼう

今回は、食器やテーブルを拭くのに欠かせない「ふきん」をご紹介します。
日常的に良くつかうものなので、吸水性と速乾性が高くて使いやすいことは勿論のこと、土に還る『天然繊維であること』『なんども洗って繰り返し使えること』というポイントに絞って、エシカルなふきんを選んでいます。

家事が楽しくなるような機能面とデザイン性にすぐれた、環境にやさしい「ふきん」をみていきましょう!

かや織ふきん / 綿100%

中川政七商店のかや織りふきん2枚のパッケージ

「かや織」は、奈良時代より前に伝来したと言われる歴史ある織物です。かや織ふきんの蚊帳(かや)は、寝ている間に蚊や害虫が寝床に入ってこないように、麻や綿でできた布を天井から吊るして使うもののことを指します。時代の変化とともに蚊帳の需要が減り、かや織ふきんやストールなど、現在ではかたちを変えて蚊帳生地が使用されています。

かや織ふきんは、たて糸とよこ糸が交互に組み合わさった平織りで網目が粗くなっているので、通気性が良く、かや生地を数枚重ねたふきんは、とても丈夫にできています。

かや織ふきん / 中川政七商店

かや織りふきんのアップ

台ふきんにオススメなのが、中川政七商店の「かや織ふきん」です。

このかや織ふきんは、綿100%で吸水性・速乾性にすぐれ、5枚重ねになっているので、ゴシゴシ汚れを拭いても丈夫です。またサイズが30cmx40cmと、4つに折り畳んだ場合、手の平大のサイズになるので、台拭きとして使いやすいです。

洗濯方法は台所用中性洗剤で手洗いするか、汚れが気になる時は、ネットに入れて洗濯機で洗います。柔軟剤は使用できません。

花ふきん / 中川政七商店

食器拭きにオススメなのは、中川政七商店の「花ふきん」。

58cmx58cmという大きめサイズなので、食器はもちろんフライパンなどの大きい調理器具拭きやすくなっています。綿100%でかや生地は2枚重ねで薄いので、通気性・吸水性・速乾性にすぐれています


つかって洗っていくうちに、糊(のり)が取れてふわふわになるので、手拭き用タオルとしてもつかえます。梅雨や夏の湿気の多い時期は、タオルが乾きにくくなりますが、この花ふきんは、すぐに乾きます。

お洗濯は、台所用中性洗剤での手洗い。洗濯機であらいたいときは、ネットにいれて。蛍光増白剤が入っていない液体洗剤が良いです。

 中川政七商店 はじめての花ふきん

スポンジワイプ / セルロース

スポンジワイプの素材に使われるセルロースは、100%天然素材です。パルプ由来のセルロースと、補強繊維として加える綿などの天然繊維からできています。

スポンジワイプの良いところは、たくさん水を吸って、すぐ乾くというところ。台ふきんや水切りマット、おしぼり、コースターとして、様々なかたちで活用できるのでとても便利です。

e.スポンジワイプ

スウェーデンで開発された「e.スポンジワイプ」には、FSC認証のセルロース繊維を使用しています。このスポンジワイプは、土に埋めると24週間で土に還ります。吸水力は、なんと綿ふきんの2〜3倍あり、スポンジワイプの中に無数の穴が空いていて、よく水を吸います。水を絞ると水分が抜けて、はやく乾くため、雑菌が繁殖しにくく衛生的です。


乾燥するとパリっとかたくなりますが、水に濡らすとすぐにやわらかくなります。

ハサミで好きなサイズに切って使えるので、小さく切って洗面所や台所と使い分けたり、使い古したらスポンジワイプを分割して、お掃除用スポンジとして使えます。

お手入れは、洗濯ネットにいれて洗濯機であらえます。または煮沸消毒して殺菌も可能です。

イーオクト株式会社/SW

びわこふきん / 綿100%

びわこふきん、和太布

「びわこふきん」は、ガラ紡と呼ばれる、明治初期に発明された日本独自の紡績方法で織られた綿100%の布です。名前の由来は、滋賀県の琵琶湖。1970年代、洗剤に含まれるリンによって琵琶湖が水質汚染され、地域住民で「リンを含む洗剤の追放運動」が起こりました。洗剤のいらない「びわこふきん」が開発されました。

ガラ紡の糸は太さが均一ではなく、布地がデコボコしています。そのデコボコに油や汚れを取り込むので、洗剤なしで食器が洗えるのです

びわこふきんは、吸収性と吸油性、速乾性にすぐれているため、台拭き、食器拭き、浴用タオルなど多目的につかえます。サイズが34×55cmと大きく目が粗い「和太布」は食器拭きや浴用タオルに、サイズが32cm×35cmと小さくて目が粗い「びわこふきん」は台拭きや食器洗いにつかうのがオススメです。汚れが気になるときは、石鹸をつけて煮洗いします。

まとめ

天然繊維のふきんの良いところは、環境にやさしくて、機能面もすぐれていることです。私もふだん使っていますが、吸水性と速乾性のすばらしさに感動しています。これは個人的な感想ですが、合成繊維のふきんに比べて肌ざわりもやわらかく、耐久性もあるように感じます。

ふきんは、食器拭き用、台拭き用など用途に合わせて、自分にとって使いやすい物をいくつか揃えておくと便利です。ご紹介した「かや織ふきん」と「e.スポンジワイプ」はデザインが豊富で、キッチンを華やかにオシャレに彩ってくれます。なんども繰り返し使って古くなったら、雑巾にしたり掃除用スポンジとして使うなどして、最後まで大切につかいましょう。

地球環境にやさしいエシカルな「ふきん」を使ってみませんか?

関連記事

毎日使うキッチン用品。日常に欠かせないキッチン用品だからこそ、「エシカル」で「サステナブル」なものを選びたいですよね。使用頻度が高いぶん、モノによっては買い替えが必要になる機会も多いと思います。生分解性の天然繊維でできた『環境にやさしい[…]

セルローススポンジ
関連記事

前回の【スポンジ編】につづき、今回は【まな板編】をお届けします。[sitecard subtitle=関連記事 url= target=https://hakobuliving.com/living/kitchen/ethical-ki[…]

小さいまな板と大きいまな板
中川政七商店のかや織りふきん2枚
最新情報をチェックしよう!
>HAKOBU LIVING

HAKOBU LIVING

”エシカルでサステナブルな暮らし” 毎日をやさしい気持ちで過ごすためのヒントをお届けします!